行政書士の勉強法〜過去問の深い応用〜

行政書士, 過去問, 勉強法

行政書士の勉強法では、インプットとアウトプットが大事だという意見がありますが、 先にアウトプットが来てもいいわけです。つまり、行政書士の過去問をやる勉強法が アウトプットだとすれば、教科書を読んで知識を吸収する勉強法がインプットになるでしょう。
このアウトプットとインプットの連続が行政書士の過去問と教科書を使った勉強法の 原理ですが、行政書士の過去問の使い方にはまだ工夫ができますし、勉強法も工夫ができます。

過去問の内容は本番の試験問題の内容を予想する役にも立ってくれることは 前のページにも書いたとおりですが、 ここでもう少し、行政書士の過去問にどうやって取り組んだらいい結果になるか ヒントを書いておきましょう。

行政書士の過去問を使った勉強法①-難易度順にチャレンジする
行政書士の過去問は、慣れないうちはやはり難しくない問題から解いていくべきです。
最近では、しっかりした過去問を出してくれるところはあらかじめ問題の難易度を 明記してくれています。難易度の低い順からやり込んでじわじわと学力を押し上げていく ことこそ、どんな人にでも真似ができる勉強法といえます。

行政書士の過去問を使った勉強法②-得意不得意に合わせて、やる回数を変える
そして、行政書士の過去問は1回やっただけで終わりではいけないことはすでにふれましたね。
ただし、目安として3回は最低やっておきたいところですが、回数は臨機応変に変えて やっていくほうがいいです。これも慣れてきたころからでも問題ありません。
要は深い理解を果たすことが目的となるわけです。苦手な部分については、回数を こなしただけで満足してしまっては絶対にいけませんし、逆に得意な部分については 過剰に繰り返す必要もありません。むしろ、自信がある部分については、すぐに問題の 正解不正解を暗記してしまうことだってよくありますから。
不得意な部分については、回数を増やすなどして(もちろん、解説や教科書を読み、 それから先生に質問をぶつけるなどして)じゅうぶんに納得できるように努力しましょう

行政書士の過去問を使った勉強法③科目ごとに、特徴等を整理する
行政書士には数多くの科目がありますから、すべての科目を得意にすることは難しいです。
特に科目によっても、過去の問題の反映のされ方には差があります。科目ごとの研究は できればやる時間を特別につくったほうがいいでしょう。それをやっていくと、 自分にとって手薄な科目も確実に見つかりますが、試験が近付いてくるころには それだけに的を絞った特別な講座(通信講座や学校で試験前によくやっています)に 申し込むなどして、万全の対策をするように努めましょう

>>この行政書士の過去問は本当におすすめです。