行政書士の過去問選び〜解説重視で〜

行政書士, 過去問, 解説

行政書士の過去問がどんなに大切なのかは、まだ勉強に手を出していない受験者の 人たちでも前のページまででじゅうぶんにおわかりになっただろうと思いますが、では おすすめとなる行政書士の過去問にはどんな条件がなくてはならないでしょうか?

行政書士の過去問も、受験希望者からの需要が多いことを反映して、 すでに世の中には大量に頒布されているようです(だからこそ、どれがおすすめなのか 調べ出さないといけなくなっているのですが)。たとえばたまたま手に入った過去問が あるとしても、それを使うだけで満足してしまってよいものでしょうか?
残念ながら事実は違います。適当に見つかった過去問を使えばよいというものでは ありません。他の受験者も過去問は使おうとしますから、そのライバルたちに おくれを取らないためにも、最適な過去問を使わなくてはいけません

行政書士の過去問で大事なことは、何よりも解説が豊富で、わかりやすく 付随していることです。
行政書士の過去問を特に初めてやってみるとき、解いてみた直後に答え合わせをする ことになるでしょう。そのときに、ただどれが正解なのか書いてあるだけの過去問では、 明らかに役不足となってしまいます、解説がされていないのでは、どうしてそれが正解で、 どうしてその他が不正解なのか理解することができません。

安直に作成された行政書士の過去問によくありがちなパターンを書きますと、解説が ぜんぜんついていないこともまれにあります。
そこまでずさんなつくられ方ではないとしても、 解説の文章が少なかったり、解説が読みやすく、わかりやすく書かれていなかったり することは珍しくありません。解説が充実していない行政書士の過去問では 学力を身につける役にはほとんど立ちません

もう少し補足するなら、すべての問題文について解説があるような行政書士の過去問が ほしいものです。たとえば行政書士の試験問題は、選択式の正誤問題がよく出されます。
このときに正しい選択肢についてだけ解説があるのではなく、間違いを含む選択肢に ついても解説がある過去問のほうが、行政書士の勉強をはじめたばかりの人たちには 絶対に助かります

いくつもの中から行政書士の過去問を選ぶときは、解説がどこまで親切に書かれているか よく確かめたほうが損をしないでしょう。

>>この行政書士の過去問は本当におすすめです。