行政書士の過去問選び〜無料を省いて〜

行政書士, 過去問, 無料

行政書士の試験に、門外漢が手っ取り早く合格するためには、過去問を使うことが大切であると すでに書いていますが、ここでよく事情を知らない人たちがよくやってしまうといわれている 間違いについて解説しておきます(まだ行政書士の試験のことをあまり詳しく知らない人たちは、 特によく読んでください)。

手っ取り早く行政書士になりたいという人たちは、時間やお金に余裕がないことが多いでしょう。
そこで、行政書士の過去問を手っ取り早く手に入れるために、無料で手に入れようと することがあります。
行政書士だけに限られた事情ではありませんが、資格試験の過去問は今のようなご時世には インターネット上にしばしばアップロード(それも無料で)されていますし、 無料で前回や前々回の行政書士の過去問が手に入ることも当たり前になってしまいました。

これはとてもありがたいことのように感じられそうですが、 無料で手に入る行政書士の過去問だけを収集して勉強をやっていっても、 それで果たして満足いく結果になるでしょうか?
無料ということは、何らかのサービスのような付加価値とはいっさい無関係です
前のページでも書いていますが、解説等もじゅうぶんだとはいえません。
解説がついていて、無料でインターネット上に公開されている過去問だってある時代に なりましたが、有料で提供されている過去問と比較すれば、 明らかにその充実度においては見劣りがしてしまいます。

無料で手に入る行政書士の過去問は、実際にすでに毎年多数の受験者が使っていますが、 その受験者たち全員が行政書士試験に受かっているでしょうか?
決してそんなことはありません。
無料で手に入るものは、どうしてもレベルが高いとはいえないのです。
「無料で使える行政書士の過去問ばかりを使って受かった」なんて声もインターネット上には 最近出ていますが、それはかなり誇張されている情報で、特に匿名の情報の場合は 信頼しすぎないようにしたほうが安全です

行政書士に確実に1度で受かりたい人たちにとって確実におすすめできるのは、無料ではなく やはり費用や時間を投入して識者が作成した過去問です。無料で手に入るものに まどわされないようにしたほうが安全でしょう。

>>この行政書士の過去問は本当におすすめです。