行政書士の過去問は、独学を避けて

行政書士, 過去問, 独学

行政書士の試験に門外漢が手っ取り早く合格を果たすためには、過去問が大切なことは すでにここを読んでいる方はよく認識済みだろうと思われますが、 おすすめの過去問を熱心に探している人たちが陥りやすい間違いはまだあります。

行政書士の過去問は、確かに行政書士の試験勉強の筋道を立ててくれますし、 合格のカギを握っているものでもありますが、しかし いかに行政書士の過去問が役に立つからといって、独学でそればかりやりながら行政書士の 合格を狙おうとすることはとてもおすすめできません

毎年、行政書士の試験を独学で受ける人たちが出てきます。その中には、おすすめの過去問の 情報を懸命に探す人たちがいるようですが、 独学は行政書士ほどの難易度の試験ではそもそも効率的ではありません。
専用のクラスを持っている学校に通っているのに不合格になってしまう人たちが 毎年続出するような難しさの試験ですから、 どれだけいい過去問が見つかったとしても、独学で行政書士を受けようとすることは ただ酷なだけです。成功率がゼロなのでもありませんが、かなりの確率で 行政書士の独学受験はものすごい時間の無駄になってしまいます。

「行政書士の教科書を読んでも理解できない」
「しかし、行政書士の過去問をやってからだったら、過去問の関係ある部分を探して 読むこともできるから教科書も理解しやすくなる」
なんて意見もあります。実際にその意見はまったく正しいですから、 それをやることには何の異論もありませんが、だからといって 独学で行政書士の合格を狙うことは正しいとは考えられません(たとえ読みやすい過去問が 見つかったとしても、です)。

行政書士の受験は過去問を活用して自習することにプラスして、(独学ではなく) ベテランの先生に教えを受けることが何よりも大事です。
行政書士の受験者が時間をかけずに合格にふさわしい学力を身につけるには、 過去問で行政書士試験の本質を見抜くことと、独学ではなく上手な先生に教わることです

>>この行政書士の過去問は本当におすすめです。