行政書士の過去問購入は学校か通信か

行政書士, 通信

行政書士の過去問を使ったおすすめの勉強法としては、独学を避けてしっかりとした指導を 乞いながら、過去問と教科書のアウトプットとインプットをうまく繰り返していくことが よい、と前のページまでに書いておいたかと思います。

つまり、行政書士の過去問を手に入れるときは、自分で過去問だけを探して買ってくるよりも、 専門的な指導をしている機関にて手配してもらうほうがいいということです。
行政書士の講座を開設している学校や通信講座では、過去問だけでなく教科書や教材も一式 用意しているのが当たり前ですから、全種類のアイテムが立派におすすめできるものに 仕上がっています。これだったらどのアイテムも、統一された体系で 制作・発行されていますから、どんな人が使うときでもぶれのない勉強法をとることができて、 多くの意味で得をすることになるのです。

なお、学校と通信がやっている行政書士の講座のどちらを選ぶかについては、 好みや条件に応じて選ぶとよいでしょう。
学校が近くにある人や、先生や仲間と一緒に勉強したい人には学校が向いています (家では勉強に集中することが難しいという人たちや、 同じ受講生と友達になって一緒にがんばりたいという人たちは毎年いますね)。
ただし学校のほうが、費用が高くつく傾向がありますし、時間も相当とられることになります (学校は場所も決まっていますから、そこに通えない人たち、または通えることは通えても、 スケジュールの点でしんどいという場合は無理に学校を選ぶことはありません)。

行政書士の通信講座のほうは、教室に座らなくても集中して勉強できる人に向いているほか、 スケジュールや予算の点で無理をしたくない人にはお勧めできる選択肢です。
最近の行政書士の通信講座は、教材に高い技術を導入しています。
CDやDVD、またWeb等を使ってコンパクトかつハイパワーな指導を志しています
から、 先生の前に座って授業を受けるのではないという弱点もだいぶカバーできています (過去問の指導においてもそれは同様ですね)。

通信講座のほうが費用や時間がかからなくてよいですから 多くの人におすすめができる行政書士の勉強法となるのは通信講座のほうです

>>この行政書士の過去問は本当におすすめです。